エニカの利用者が事故を起こしたら?自動車保険は?オーナーと利用者どっち?

エニカの利用者が事故を起こしたら?自動車保険は?オーナーと利用者どっち?

 

まず、エニカ(Anyca)と保険の関係は次のようになります。

 

■オーナー:通常通り自分で自分の車に対して自動車保険(任意保険)に加入

 

■利用者:利用する際に「自動的に」保険に加入

 

オーナーに関しては、これはもう、エニカにオーナー登録するしないにかかわらず、自動車保険に加入していないと、休日のドライブなどで事故を起こしたら自腹を切らなければならないので、当然、加入しますよね。

 

問題は、エニカに登録している車で利用者が事故を起こした場合です。

 

実は、エニカには東京海上日動保険と共同で開発した「1日自動車保険(車両補償付きプラン)」というものがあります。

 

エニカ利用者は、オーナーと契約が完了した時点で、自動的にこの保険に加入する仕組みになっているのです。

 

保険料は1日あたり1500円です。

 

例えば、その車の利用料金が1日5000円であれば、契約は5000円+1500円ということになり、利用が終わった段階で、利用者のクレジットカードから6500円引き落とされます。

 

エニカの1日自動車保険(車両補償付きプラン)の補償内容は以下の通りです。
<※>1日自動車保険(車両補償付きプラン)の補償内容は、トヨタレンタカーなどを利用した際、その車に自動的に付いてくる補償内容とほぼ同じです。

 

 

対人:無制限

Anycaで予約したクルマを運転中の事故により、他人を死亡させたり ケガをさせて法律上の損害賠償責任を負う場合に、相手方1名について 保険金額を限度に保険金をお支払いします。「保険金額の限度」は無制限になっています。また、「相手方1名について」無制限に支払うので、一度の事故で5名の人が死亡・ケガをした場合も、5名それぞれの人に無制限で保険金が支払われます。

 

対物:無制限

Anycaで予約したクルマを運転中の事故により、クルマや塀等の他人の財物を壊し、法律上の損害賠償責任を負う場合に、1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いします。「保険金額の限度」は無制限ですが、航空機の損壊など30億円が限度になるケースもあります。

 

搭乗者:1000万(一時金10万)

Anycaで予約したクルマを運転中の事故により、運転者を含む乗車中の方が、死亡・ケガをされた場合や後遺障害を被られた場合に、補償を受けられる方1名についての保険金額(1000万)を上限として、あらかじめ設定された額を保険金としてお支払いします。ケガの場合には、一時金として傷害保険金(入通院給付金または治療給付金として10万)をお支払いします。

 

自損事故傷害:1000万円(一時金10万円)

Anycaで予約したクルマを運転中に、自損事故(相手方がなく電柱に衝突・崖から転落等)や前のクルマに追突してしまった事故等により、記名被保険者(運転者)または乗車中のご家族が死亡・ケガされた場合や後遺障害を被られた場合で、自賠責保険(強制保険)等の請求権が発生しない時に、1名についてあらかじめ設定された額をお支払いします。

 

車両補償:限度額300万(自己負担15万)

Anycaで予約したクルマを運転中の事故により、利用していたクルマに損害が生じ、その損害を修理した場合または修理せずに代替車を購入した場合、1回の事故について300万円を限度に保険金をお支払いします。ただし、15万円の免責金額(自己負担額)がありますので、ご注意下さい。 また、利用したクルマの代替車を購入した場合は、
 (1) 修理する場合にかかる費用
 (2) 代替車の購入費用
 (3) 利用したクルマの時価額
のいずれか低い金額を限度にお支払いします。

 

<※>エニカの利用者が事故を起こした場合で、最も注意すべきなのが、この車両損害の場合でしょう。
限度額300万円以内であっても、15万円は自腹を切る必要があります。
だから、10万円とか15万円といった小損害のケースでは、保険は使えず、全て利用者の自己負担となります。
また、飛び石、パンク、当て逃げ、盗難、鍵紛失などは、1日自動車保険の対象外になるので、利用者が実費で負担することになります。

 

ロードアシスト(車両搬送費用補償特約およびサービス):24時間365日対応

< 車両搬送サービス >
事故や故障によりAnycaで予約したクルマが走行不能となった場合に、修理工場等までレッカー搬送を行います(1回の事故等について15万円を限度に補償します)。
< 付帯サービス >
・緊急時応急対応サービス
・燃料切れ時ガソリン配達サービス
・おクルマ故障相談サービス

 

事故現場アシスト:24時間365日対応

事故の際のアドバイス・修理工場や病院の手配等の初期対応・初期対応後24時間以内の状況報告を行います。

 

■保険金をお支払しない主な場合■
補償が受けられない代表的なケースについてまとめています。

 

< よくお問い合わせがあるケース >
・Anycaで予約をした人以外が運転している際に生じた損害
Anyca利用者が加入する1日自動車保険の被保険者は、予約をした方のみとなります。
又貸しした人が事故を起こしても、保険は下りません。
利用者の家族もダメですよ。

 

・利用するクルマの所有者がご自身ないしは配偶者であるケースの損害
つまり、エニカのオーナーが自分の車を「利用者として」運転して事故を起こした場合、保険は無効ということ。
エニカのオーナーの中には、自分の車を月に1,2回しか使わない人もいて、こういうオーナーは自分で自動車保険に加入するのがモッタイナイと思い、「そうだ、エニカの1日自動車保険を利用すればいいじゃないか!」と考える方もいるのですね。でも、これはダメですよ、ということ。

 

・クルマの盗難や停車中の当て逃げによって生じた損害

 

・利用中の事故で損害を被った相手が、配偶者・子またはこれ等が所有・使用するものである
これは自動車保険の基本です。不幸にして利用者がご自分のご家族に事故を起こした場合、保険は支払われません。エニカの1日自動車保険だけの特例ではなく、一般の自動車保険でも、これは同様です。対人賠償の「対人」とは、運転者の家族以外の<第三者・他人>を指しています。

 

・法令により定められたクルマの点検・検査によって発見された故障等に よって損害が生じた
整備不良を知りながら、それを放置したことで起きた損害はダメ、とういうことです。

 

・補償を受けられる方の故意または重大な過失によって、補償を受けられる方本人に生じた傷害
保険金詐欺に当たるようなケースは、保険対象外になるということです。

 

・無免許運転や酒気帯び運転によって、運転者本人に生じた傷害
「運転者本人」に生じた傷害は保険対象外ですが、事故の相手方の死傷に対しては、無免許や酒気帯びでも、ちゃんと保険が適用されます。これは被害者救済の観点からで、一般の自動車保険も同様です。

 

< その他のケース >
・第三者との損害賠償に関する特別な取り決めにより、損害賠償責任が加重された場合、その加重された部分の損害
事故で相手自動車に損害が出た際、「すみません。新車に買い換えますから」と勝手に相手と約束しても、保険からは修理代(時価額限度)しか支払われないということ。

 

・ご契約者、記名被保険者等の故意によって生じた損害

 

・台風、洪水または高潮によって生じた損害

 

・地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた傷害

 

・借りたお車を競技または曲技のために使用すること(練習を含みます)、競技または曲技を行うことを目的とする場所で使用することによって生じた損害

 

・補償を受けられる方の故意または重大な過失によって、補償を受けられる方本人に生じた傷害

 

・戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質等によって生じた傷害等

 

 

以上、エニカの1日自動車保険(車両補償付きプラン)を見てきました。

 

この保険は、一般の自動車保険にもある「ドライバー保険」を基本として、DeNAと東京海上日動がコラボして開発したエニカ専用保険です。

 

「ドライバー保険」を基礎にしているので、全体的に、一般の自動車保険と同様の約款内容になっていますが、車両補償の一部に、一般とは異なる内容があるので、その点はご注意下さい。

 

つまり、「盗難」とか「当て逃げ」の損害は、一般の車両補償には含まれていますが、1日自動車保険では対象外になっています。

 

また、そもそも車両補償の補償限度額ですが、一般の保険では、ベンツは600万、ワゴンRは120万・・・というように車ごとに限度額は異なります。

 

1日自動車保険の場合、それでは契約手続きが煩雑になるので、超簡略化した結果、全て一律に300万限度としているわけです。

 

ほとんどの車は時価額300万以内に収まるはずなので、特に問題ないでしょうが、一部の高級外国車の場合は、オーナーさんは注意が必要です。

 

この点は、エニカのサービス説明会に参加したら、DeNAの担当者さんにしっかり質問して、内容を理解しておくことが大事だと思います。

 

 

エニカ(Anyca)は個人間カーシェアリングです。

 

オーナーさん個人の車を、複数の第3者がみんなで利用し合う形になりますから、いざ事故などが発生した場合、マイカーでの事故とは異なる対応が必要になることもあります。

 

けれども、オーナー登録する人が、事前に様々なケースについて理解を深めていれば、そう不安になることもないですからね。

 

すでの多くのオーナーさんがエニカに登録し、また、さまざまな事故の事例に遭遇しつつ、時にはDeNAの支援・アドバイスを受けながら、しっかりトラブル対応しているのです。

 

知識は力なり・・・です。

 

そのためにも、DeNAが定期的に開催している「エニカ・サービス説明会」に参加することをオススメします。

 

DeNAの担当者さんが、これまでの事例を交えて、詳しく説明してくれますし、あなたから突っ込んだ質問をして、疑問点を解決して下さい。

 

Anyca(エニカ)の詳細

エニカの利用者が事故を起こしたら?自動車保険は?オーナーと利用者どっち?

利用者が事故に遭った場合、車の修理代やケガをした人の治療費などはどうするのでしょう?保険で支払うとして、どの保険から支払うのでしょう?ここでは、エニカを利用する場合の保険の扱いについて、オーナーの立場、利用者の立場それぞれを見ていきたいと思います・・・

 

オーナー登録を考えているけど、詳しい説明を聞くにはどうすればいい?説明会は常時やっていますか?

エニカ(Anyca)のホームページを見れば、たいていのことはわかりますが、そうはいっても、これからオーナー登録しようかと考えている人にとって、さらに突っ込んで知りたいことや確認したいこともあるでしょう。エニカを運営するDeNAでは、オーナー登録を検討しているそういう方々のために、常時「サービス説明会」を開催しています・・・

 

結局、エニカ(Anyca)のオーナーって月にいくら収入が得られるんですか?だいたいどのくらい?

エニカ(Anyca)にオーナー登録して、最低1回でも利用されたことのあるオーナーさんたちは、平均すると月に25000円ほどの収入を得ています。登録したばかりで利用がないとか、登録してけっこう時間が経つけど料金設定があまりに高すぎて利用がない・・・といったオーナーさんを除いた、その他のオーナーさんの平均額です・・・

 

エニカ(Anyca)にオーナー登録したい!どんな車でも登録できますか?

オーナー登録するには一定の条件があります。まず、個人の車であること。1人3台までに制限されていること。車検証の「所有者」欄がオーナー登録する人の名義であること。ロールスロイスやフェラーリのような1台数千万円するような車でないこと・・・などで、要するに、法人が事業としてカーシェアリングを運営することを禁じているのです。あくまでも、個人間でシェアし合うのがエニカ(Anyca)のやり方だということです・・・

 

Anyca(エニカ)では車のオーナーと利用者が、車の受け渡しの際、必ず「対面」する必要がありますか?

対面しなくても車の受け渡しをする方法があります。オーナーの車にスマートデバイスを取り付けておけば、両者が直接会わなくても、車の受け渡しは可能です。ただ、やむを得ない事情がない限り、原則として、オーナーは利用者と対面した方がいいと思います・・・

 

実例集!オーナーに対する評価:利用者はこんな評価の言葉を寄せています!

Anyca(エニカ)では、車の利用が終わった段階で、オーナーと利用者が互いに相手を評価するシステムになっています。このページでは、シェアを終えた利用者が、具体的にどんな「評価」と「コメント」を寄せているか、実例を見ていきたいと思います。「評価」は★の数で表されます。★★★★★が最高で★が最低です。「コメント」は、ほとんど定型文に近いようなものもありますが・・・

 

エニカ(Anyca)のオーナー登録したら「返答率」には要注意ですよ!

 

要注意なのは「返答率」です。100%を目指し、そうなるよう心がけて下さいね。どんなリクエストに対しても、とにかく返事はする・・・このことの積み重ねがちゃんと数字として残り、オーナーの信用となっていくのですから・・・

 

自分の車を他人が使う・・・エニカにオーナー登録する際のメンタル面ですが・・・

これまでは、自分の車に触れるのは、オーナーである自分とその家族だけだったのに、エニカにオーナー登録した後は、初対面の赤の他人に平気で触られることになるのですね。このことに対して、気持ちをどう整理するか、切り替えるか、踏ん切りをつけるか・・・